栄養と衛生を学ぶ

お菓子

製菓の技術と知識を身につけるだけが専門学校の授業ではありません。座学ももちろんやります。座学では栄養学と衛生学を学び、食に関する知識だけでなく視野がいっそう広くなります。

詳細を確認する...

カフェの学科から学んでみる

お菓子

製菓だけでなくカフェの学科も人気が出てきています。カフェの学科では経営やバリスタの知識だけでなく調理や製菓のことも学べるので、カフェと製菓で悩んでいる人には嬉しい学科です。

詳細を確認する...

制度の利用

お菓子

製菓やカフェの専門学校の数は増えてきていますが、人によっては学習したくても出来ないという人はまだいます。しかし、場合によっては制度を利用することでどこにいても学べる様になります。

詳細を確認する...

パティシエになること

スイーツを提供する側になる

お菓子

疲れた時だけでなく自信へのご褒美としてスイーツを口にすることがあります。スイーツは今話題のコンビニスイーツやスーパーにあるお菓子だけでなく、ケーキショップでの購入やカフェで食べることもあります。ケーキショップやカフェにあるスイーツはパティシエと呼ばれている製菓のプロがつくっています。自分が満足して食べる事が出来るだけでなく、大勢の人に自信がつくったスイーツを食べてもらいたいことからパティシエを目指す人もいます。パティシエになるには製菓の専門学校に通う必要があります。製菓の専門学校は日本全国各地どこにでもあり、誰もが製菓のプロであるパティシエになれる場所があるのです。専門学校によっては製菓だけでなく、今話題のバリスタの学科も設けていることもあります。また、製菓もバリスタも学べる学科もあります。

留学もできる

パティシエの本場というとフランスです。国内ではなくフランスへ留学してからパティシエを目指すという人もいます。しかし、留学には高額な費用がかかります。このことから留学をして製菓の道を歩むことを諦める人もいます。しかしこれを解決出来る方法を取っている専門学校があります。その専門学校はフランスにも校舎があり、留学がスムーズにできるようになる制度を整えているのです。実際この制度を利用して本場フランスで製菓の道を歩んでいるという人は大勢います。この専門学校だけでなく、他にも海外留学制度を設けているところはありますので、海外で製菓を学びたいというのであれば、留学制度が整ってる専門学校を探しておくと良いでしょう。